« 今、多くの若者がファンドを購入していますが、本当に儲かるのでしょ... | トップページ | 自宅にパルスオキシメータが必要ですか?専門家の意見を見てみましょう »

2021年11月 8日 (月)

病院の管理者は通常、職場のECGを監視します

Be16

まず、すべての患者が手術後にECGモニタリングを受けることができるわけでbedside monitorはありません。第二に、ECGモニタリングを通じて、患者のバイタルサインの変化を時間内に発見できるため、医師は必要な治療を時間内に実行し、患者の事故を減らすことができます。

体調が良い人の中には、手術のリスクが高くなく、手術中にECGモニタリングを行う必要がない人もいます。たとえば、虫垂炎の手術を受けて病棟に戻った若い男性は、ECGを監視することはほとんど不可能です。体調不良、不安定なバイタルサイン、または高い外科的リスクのある一部の患者の場合、術後のECGモニタリングにより、患者のバイタルサインの変化を時間内に検出でき、医師は時間内に症状に対処できます。 ECGモニタリングの役割は、患者の心拍数、心拍数、呼吸数、酸素化、血圧、およびその他の基本的なバイタルサインの変化をモニタリングすることです。もちろん、これらの観察は看護師によって行われ、看護師は定期的に巡回し、これらのECGモニタリング記録を保持して、いつでも変更を医師に通知できるようにします。ラウンド中、医師はECGモニタリングと看護師の記録を観察して、患者の術後の体調を理解します。例えば、患者さんが肺がんの手術を受けた後、看護師はバイタルサインが変化したかどうか、血圧が下がったかどうかなどを観察し、時間内に医師に通知します。

そのため、心電図モニタリングにより、状態が不安定な患者さんの中には、時間内に状態変化の兆候を見つけることができ、医師は、状態の悪化を防ぐために、最初から適切な治療を行うことができます。

おすすめの関連記事

ポータブルヘルスモニターをお読みください

icuで「アーティファクト」を公開する

高血圧性疾患の患者は血圧の測定にこだわっていますが、あなたは何を知っていますか?

 

« 今、多くの若者がファンドを購入していますが、本当に儲かるのでしょ... | トップページ | 自宅にパルスオキシメータが必要ですか?専門家の意見を見てみましょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、多くの若者がファンドを購入していますが、本当に儲かるのでしょ... | トップページ | 自宅にパルスオキシメータが必要ですか?専門家の意見を見てみましょう »